FANUC_NCプログラム G85とG86とは? Gコードの固定サイクル

今回はFANUC GコードのG85とG86について解説いたします。

広告

FANUCのGコード G85、G86とは?

G85=ボーリングサイクル

G86=ボーリングサイクル+ドウェル

固定サイクルの中でも埋もれがち?でマイナーな存在かもしれません。

知ってても使わない方も多いのでは?

では、G85とG86とはなんなのか。

NCプログラムの簡単な例を出しながら解説してみたいと思います。

 

G85ボーリングサイクルとは?

G85というのは主にリーマ加工やボーリング加工に適したもので

工具がR点に戻るときに、早送りではなく切削送りになります。

 

G81やG83などの通常の穴加工固定サイクルでは切削後にR点に戻るときには

早送りになりますよね。

そこが通常のF値、つまり切削加工の送りでR点に戻るというわけです。

 

プログラム例

G99 G85 X5. Y10. Z-20. R5. F75;

X5.Y10.の位置にZ-20.までF75の送り速度で加工する穴加工です。

R点が5.なのでZ+5.の位置まで早送りし、Z-20.までF75の送り速度で到達したら

Z+5.のR点までF75で戻る、という感じです。

 

リーマ加工やボーリング加工に最適ですね。

 

G86ボーリングサイクル(ドウェル)とは?

では次はG86です。

G86は主にボーリング加工で使用します。

どのようなものかといいますと、

Z最下点(穴底)まで到達したら、そこで主軸の回転が止まり、

R点まで早送りで戻るというものです。

 

穴底の切削面に触れた状態で工具の回転が止まるため、切削面には刃先のすじが付いてしまいます。

よって切削面の精度が要求される場合には、このG86の使用は適しておりません。

 

プログラム例

G99 G86 X5. Y10. Z-20. R5. P300 F75;

では先ほどのG85の例とほぼ同じものです。

G85とG86のプログラムの違いとしては、G86にはドウェルをいれることが出来ます。

ドウェルについては弊社メインサイトにて解説しております。👇

G82カウンターボーリングサイクルの使用例について 固定サイクル 【FANUC Gコード】

ドウェル=P 

P100=0.1秒として表されます。

 

で、戻りますが、今回のG86の例では

X5.Y10.の位置にZ-20.まで加工し、そこでドウェル分回転した後

主軸が穴底で止まり、早送りでR点のZ+5.まで上がるという感じになります。

 

まとめ

ではまとめです。

G85は穴底まで加工した後、R点まで切削送りで戻る
G86はドウェルを入れることが出来、穴底で主軸が停止してR点まで早送りで戻る

G85やG86は仕事によってはあまり使用する機会はないかもしれません。

リーマ加工にはG85はとても適した加工ですね。

次回は今回の続きとしてG88とG89について書きたいと思います。

広告

 

最新情報をチェックしよう!
広告
>有限会社 名岐金型 2nd

有限会社 名岐金型 2nd

プラスチック射出成形金型の設計製作。弊社ではプラスチック射出成形金型の設計、製作に加え難易度の高い改造、修理まで承っております。金型製作はキッチン、水回りなどの精度が要求される住宅関係の樹脂製品が主になります。

CTR IMG